民泊

これから民泊ブーム

おしゃれな部屋

最近話題になっている「民泊」ですが、海外においては普通に民泊をされており、オリンピックで開催された地域においても観光客相手に民泊が行われていました。日本においてもオリンピックを迎える事で民泊ブームが更に盛んになるであろうことは明白ですし、事実、民泊が徐々に増えてきています。これから民泊するに当たり、どのような形があるかと言うと2つのタイプが言えます。
1つ目はホスト型と言って、ホストファミリーのように日本人の家に直接住んでそこで分かち合いを持つタイプです。2つ目は観光だけのために部屋を貸すと言うタイプです。どらちも民泊と言われていますが、海外の方から親しまれているのがホスト型の日本人宅に泊まるタイプと言われています。
観光するだけでなく、日本人宅の家で日本の生活を実感し、日本人と心の分かち合いをしたいと海外の人は思っています。ただ部屋を貸すと言うタイプもありますが、やはり外国人からしてみれば、物足りなさを感じるようです。そして、民泊自体やったことのない家族でも、ホストとして民泊を行おうと考えることが増えているそうです。子どもの教育上、国際的な感覚を身に着けるために外国の方と触れあう機会を作りたいというのが理由としてあるようです。